運動会での挨拶の仕方

運動会の挨拶。これって意外に悩みますよね? 特に、初めて挨拶をする人とかは何を言っていいのか分からないと思います。
簡単ではありますが、運動会の挨拶で少しでも参考になればと思い、ちょっとした挨拶の仕方を書いておきます。

運動会での挨拶は、こう言ってしまえばなんですが、いくつかの運動会の挨拶においての基本を守れば、後は好きに考えて挨拶すればいいのです。
その、運動会の挨拶においての基本とは・・・
1:子どもたちへの言葉
2:来賓・保護者に向けての挨拶
3:先生方へのお礼の挨拶
4:当日手伝いの役員・係への挨拶


こんな感じでしょう。この、運動会の挨拶においての基本を守って挨拶を考えれば、だいたい大丈夫でしょう。

他に運動会の挨拶において気にする必要のある点というと、挨拶が長くなりすぎないことでしょう。
こういった運動会などの挨拶の場では、気合を入れてつい長く挨拶してしまう人も多いでしょう。しかし、それでは聞いている方はうんざりしてしまいます。運動会が終わった後なら、子ども達は早く帰って疲れた体を休めたいでしょうし、運動会が始まる前なら、早く駆け回りたい、いろんな種目で活躍したいと思ってうずうずしているでしょう。運動会の途中でもまた然り、です。

運動会のような場での挨拶は短すぎるのもよくないので、適度な長さは必要ですが、基本は短くする方向で挨拶を考えましょう。

また、運動会の挨拶なので、挨拶があまり堅苦しくなるのも良くありません。素で挨拶するとどうしても長くなってしまう、という人を除いて、挨拶を考えるのは、簡単なメモ書き程度にとどめておきましょう。多少のアドリブが混じるので、少し堅苦しさが取れるかもしれません。(ただし、あがり症の人にもお勧めしません)

どうでしょう? 少しは運動会の挨拶での参考になったでしょうか?
あなたの運動会の挨拶がうまくいくよう、私も微力ながら祈っております!
posted by リュウ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 運動会 挨拶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。